Sign in or Join FriendFeed
FriendFeed is the easiest way to share online. Learn more »
SocialFXは破綻しました - dsaki - http://dsaki.hatenablog.jp/entry...
Webブラウザ上で動作するビットコイン採掘プログラムを開発した学生らが訴えられる | スラッシュドット・ジャパン IT - http://it.slashdot.jp/story...
Microsoft OCR Library for Windows Runtime - http://blogs.windows.com/buildin...
PLAY GIRLS -プレイガールズ- - http://pg-production.com/
ImageNet Large Scale Visual Recognition Competition 2014 (ILSVRC2014) Workshop - http://image-net.org/challen...
Wrapping up: Competition Results, Post-Analysis, and Feedback - https://www.kaggle.com/c...
ImageCLEF - The CLEF Cross Language Image Retrieval Track | ImageCLEF - Image Retrieval in CLEF - http://imageclef.org/
ないんたんの天気予報と画像処理アルゴリズム(2014年9月13日 情報科学若手の会) - Google スライド - https://docs.google.com/present...
Research Blog: Building a deeper understanding of images - http://googleresearch.blogspot.com/2014...
Could everyone with high scores please post their solutions? - The Hunt for Prohibited Content | Kaggle - http://www.kaggle.com/c...
Convolutional Network Demo from 1993 - http://www.youtube.com/watch...
Convolutional Network Demo from 1993
Play
センサフュージョン:超高速ロボット - http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/fusion...
The infinite MNIST dataset [leon.bottou.org] - http://leon.bottou.org/project...
CNNで各層にzero paddingを入れる意味 - http://ultraist.hatenablog.com/entry...
Torch7で複雑なモデルを書くときに便利な技 - http://ultraist.hatenablog.com/entry...
CIFAR-10でstate of the artのスコアが出せる、インターネットに落ちている中で最強のコード - http://ultraist.hatenablog.com/entry...
世界最高速の連写カメラ ~ 1兆分の1秒以下の超高速で複雑な動的現象の可視化を実現 ~ - プレスリリース - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 - http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja...
kimonoでKaggleユーザのクロールをしてみた - Wolfeyes Bioinformatics beta - http://yagays.github.io/blog...
torch7使ってるとtouchコマンドのつづりが分からなくなる。
CIFAR-10、0.90450いった。
Torch7でkaggleのCIFAR-10やってみたけど、0.88910だった。cuda-convnetで0.89くらいらしいのでだいたい同じくらいは出せる。
数週間前に"証明書更新する気ないならHTTPSへのリダイレクトやめてくれね?"ってメール送ったので、メールは読まれていないかもしれないですが、オレのおかげです。
jottit、SSLエラー放置+HTTPSへのリダイレクトで完全に死んでると思っていたけど、HTTPからHTTPSのリダイレクトがブラウザにキャッシュされているだけで、キャッシュ消したらHTTPからアクセスできた。
写真に写った物体を「裏返せる」画像加工ツール(動画あり) « WIRED.jp - http://wired.jp/2014...
SpatialDivisiveNormalizationとかはcunnで削除されたっぽいSpatialConvolutionを使ってるので動かない。とりあえず基本的なところだけ動きますって感じする。
ドキュメントなさすぎだけど、SpatialConvolutionMM/SpatialMaxPoolingの組み合わせだとCPUと同じ様に書けて、SpatialConvlutionCUDA/SpatialMaxPoolingCUDAはバッチ用のレイアウトでデータ渡せないと動かない。
GTX 760買ってきたので、Torch7のGPU実装試してみたけど、CPUで1 epoch 30分かかっていたのが1分で終わるようになったし、3万円のGPUでも使う意味ある。ただ、maxpoolingでkernelとstrideのサイズが同じじゃないと動かなかったりとか制限多い
DecMeg2014 1位の人のコードを見たけど、リーマン計量がどうのという感じで全く意味が分からなかった
8月は様々な意味で死っぽい
Other ways to read this feed:Feed readerFacebook