Sign in or Join FriendFeed
FriendFeed is the easiest way to share online. Learn more »
2メートル四方の舞台上で行われる、5分間のパフォーマンス。 舞台上には、なにを持ち込んでもいい。ただし、名声と個性だけは持ち込めない。 舞台上では、なにをやってもいい。手品、ジャグリング、漫才、シャドーボクシング、等々。 唯一の尺度は、観客にウケるかどうかだ。ただしこの観客は、この世の始まりからずっと舞台の前にいて、過去のすべてのパフォーマンスを見てきている。そんなに長生きの人間はいないので、古代ギリシャの神としてイメージするほうが適切だろう。この神は、過去のパフォーマンス以下のものには0点をつける。もし重量挙げをやるのなら、世界新記録を出し損ねたら0点だ。... - http://dempa.yugui.jp/post...
 インタビュー映像に出てくるインタビュワーが、通常のインタビューのようにテンポよく質問を出せないのです。  どういうことか。  おそらくバッソ氏の答えの1つ1つがあまりに常識外れのため、混乱しているのだろうと考えられます。  人は自分の中の常識が砕かれると、止まるのです。 - http://dempa.yugui.jp/post...
江戸時代までの日本人はのんびりしてたらしいね。 明治に来日したイギリスの牧師は、日本の女性とそんな話になり 「日本人は花見だのなんだのと、ちょくちょく仕事を休むね」と言うと 「外国の方は私たちを怠け者のようにおっしゃいますけど、 でも、ほら、あんなに桜がきれい・・・」 と花にみとれて、話そっちのけだったとか。 スイス遣日使節団長アンベールは、職人について 「若干の大商人だけが、莫大な富を持っているくせに 更に金儲けに夢中になっているのを除けば、 概して人々は生活のできる範囲で働き、 生活を楽しむためにのみ生きているのを見た。 労働それ自体が最も純粋で激しい情熱をかきててる楽しみとなっていた。 そこで、職人は自分の作るものに情熱を傾けた。... - http://dempa.yugui.jp/post...
「神在月」に神が降臨!? 3つの太陽、逆さ虹… - MSN産経west - http://dempa.yugui.jp/post...
「神在月」に神が降臨!? 3つの太陽、逆さ虹… - MSN産経west
とっくの昔からこの星はGの支配下。 人間は人間を絶滅させることができるがGを絶滅させることができない。 - http://dempa.yugui.jp/post...
The 67th Yokohama kernel reading party - YouTube - https://www.youtube.com/watch...
社会人3年目くらいの忘年会で、ひょんなことから冤罪の話になったんだが、警察に就職した友人 が、「日本における冤罪は1つもなく、全て情報操作」といきなり噛みついてきた。内部でどんな洗脳が行われてるのかぞっとした。 - http://dempa.yugui.jp/post...
あと「日本は宗教的に寛容」みたいな都市伝説も、例えばユダヤ教徒の同僚が金曜日の残業を拒否したりムスリムが社内に礼拝室要求したとしたらそりゃあもうすんごいバッシングが起こることは確実視してるんで、僕はまったく信じていないです。実際モスク建設が住民の反対にあって頓挫したりしてるしな。 - http://dempa.yugui.jp/post...
bgnori: eme1 (via fluor_doublet) 1920年代末、一人の若い男の子が、ガレージの片隅で電気炉を駆使して結晶成長をはじめました。彼の名前はキャロル・チャザム。 チャザムは12歳の時にはすでに自宅に実験室をかまえていたそうです。 彼は、現在「フラックス法」と呼ばれる金属複酸化物を融液とした鉱物の人工結晶こそが、天然の鉱物の結晶成長に最も近い条件であると信じました。様々な試行錯誤の末に、ベリリウムとアルミニウムのケイ酸塩であるベリル(緑柱石)の実用的なフラックス組成を神業のようなセンスで見つけ出し、クロムイオンにより着色した合成エメラルドに、世界ではじめてこぎつけたのです。... - http://dempa.yugui.jp/post...
bgnori:
  
eme1 (via fluor_doublet)
 
1920年代末、一人の若い男の子が、ガレージの片隅で電気炉を駆使して結晶成長をはじめました。彼の名前はキャロル・チャザム。
 チャザムは12歳の時にはすでに自宅に実験室をかまえていたそうです。
 彼は、現在「フラックス法」と呼ばれる金属複酸化物を融液とした鉱物の人工結晶こそが、天然の鉱物の結晶成長に最も近い条件であると信じました。様々な試行錯誤の末に、ベリリウムとアルミニウムのケイ酸塩であるベリル(緑柱石)の実用的なフラックス組成を神業のようなセンスで見つけ出し、クロムイオンにより着色した合成エメラルドに、世界ではじめてこぎつけたのです。
 
その後、安定した電源供給が出来るCITに入学し、そこで数々の合成宝石鉱物の結晶成長に関する卓越した研究を行い、当時極端に高いレベルでの結晶成長技術を開発していきます。ルビー、アレキサンドライト、エメラルド等等。どう考えても天才ですね。
 
チャザムのエメラルドはこういうものです。結晶成長には1年近くかかっていると言われています。
 
彼はその後、合成したエメラルドを研磨して市場に流し、市場を大混乱に陥れます。インクルージョンから、フラックス法による人工結晶だというのに一部の人は気付きました。しかし、誰もそれを追試できる人はいなかったのです。
 
チャザムは製法を不出にしたため、チャザムのフォロワーが彼の技術に追いつくまでに、ゆうに20年はかかりました。そのぐらい彼は飛びぬけていたのです。
 
これが、今となっては誰でも知っている「チャザムのエメラルド」の誕生譚です。一人の若い男の子が、黙々とガレージで実験をし、天才化学者として宝石市場をひっくり返す。いい話ですね。結晶成長屋の夢であります。
イグ・ノーベル賞に関して「多くの国が奇人・変人を蔑視するなかで、日本と英国には誇りにする風潮がある」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article... 変態(褒め言葉)  頭おかしい(褒め言葉)  狂ってる(褒め言葉) - http://dempa.yugui.jp/post...
人の注意力を操る妙技 - http://www.aoky.net/article...
客先のファイルシステムをバックアップなしで消し飛ばした事あるけど、 特にトラウマになってないな。 多分、最初の時点で「終わった」って気分になったからだと思う。 人間、助かるかどうかの瀬戸際にいる時が一番精神が削れる。 もうどうやったって助かりようがない、という状況に置かれたら、特に迷ったり気を揉んだりする事もない。 - http://dempa.yugui.jp/post...
 指針に関し、約30年間、ペースメーカー治療に携わっている板橋中央総合病院循環器科不整脈・心不全診療部長の中島博医師は「胸ポケットに携帯電話を入れて抱き合うなどの特殊な状態が続く場合を除き、電波に干渉される可能性は極めて低い。電車内の放送は装着者に過大な恐怖を与え、普通の生活を送るために装着したはずの患者が、不安で電車に乗れないなど生活が制限される事態が起きている」と指摘する。 - http://dempa.yugui.jp/post...
CNN.co.jp : ライトセーバーが現実に? 「光の分子」形成に成功 米研究 - http://www.cnn.co.jp/fringe...
タンブラーとは: 不完全にしておよそ正しくないプログラミング言語小史 - http://cametan-001.tumblr.com/post...
カップ焼きそばを作るには、ただ熱湯を注ぐだけでなく「買ってくる」、「ソースを入れる」など前後に様々な工程があり、パッケージには「熱湯3分」とだけ書いてあっても実際の納品までは10分弱かかる計算なのです。これが、エンジニアが納期を想定の倍以上見積もったほうがいい理由です。 - http://dempa.yugui.jp/post...
「もしあなたの権利が侵害されていたり、差別や偏見・無理解に晒されていたりすると思うなら、必ず主張しなさい。それは自己中心的な行為ではありません。あなたの義務なのです。一部の者が社会で不利な状況にあるなら、それを指摘し、状況を修正させていくよう声を上げて主張しなさい。そうすることで、徐々に社会は変わっていくでしょう。あなたの世代では変わらなくても、あなたと同じ状況に生まれる次世代の人々が不利益を被らないほどに社会を変えられるかもしれません。声を上げる者がいなければ、社会は変えられません。ですから、主張することは権利ではなく社会人としての義務なのです」 - http://dempa.yugui.jp/post...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
片霧烈火 – みちあふるままに - http://www.last.fm/music...
ファシズムというのは、かつて進歩的知識人が濫用した概念で、皮肉な人はまたその論法かという顔をするかも知れない。 しかし私の言いたいのは「狼が来るぞ」といった類のことではない。 ファシズムとは今ここにある現実なのだ。 (日本の場合、むしろ大政翼賛会的と言った方が妥当であろう。)  ファシズムが問題なのはユダヤ人を大量に虐殺したからではない。 むしろ、ユダヤ人が数百万人殺されたからファシズムは駄目だという人間は、かなり鈍感だと言うべきだろう。 ナチのドイツがそうだったように、ファシズムはきわめて快適な環境を用意してくれる。 その快適さを疑うところからしかファシズム批判は始まらない。 思考力や感受性が計られるのは、そうした微妙な地点からなのである。》 - http://dempa.yugui.jp/post...
Other ways to read this feed:Feed readerFacebook